2007年01月24日

相続その2(税金)

28日のFP2級の試験が終わって
早く生涯学習のユーキャンで申し込んだ社会保険労務士の勉強に入りたいと思う今日この頃、10冊のテキスト+アルファが届くのが待ち遠しいです。
10日前後ではなくてもっと早く届いて欲しい!

前回勉強したのが相続する人と配分でしたが、
今回は配分後かかる税金が気になりました。

○の財産から●の財産を引いた課税価格の合計額となります。

○相続等で取得した財産
○遺贈により取得した財産
○みなし相続財産
○生前3年以内の贈与財産
●非課税財産
●債務
●葬式費用

課税価格の合計額−基礎控除額=課税遺産総額

基礎控除額は
5000万円+1000万×法定相続人の数
※相続を放棄した人がいても計算上はその人数も含む
※用紙がある場合は、
 実子がいる場合−養子の内1人まで含む
 実子がいない場合−養子の内2人まで含む




相続税の速算表
法定相続に対する所得金額税率控除額
1000万円以下
10%なし
1000万円超 3000万円以下
15%50万円
3000万円超 5000万円以下
20%200万円
5000万円超 1億円以下
30%700万円
1億円超    3億円以下
40%1700万円
3億円超
50%4700万円


他の控除としては、
・配偶者に対する税額軽減(内縁関係はダメ)
・贈与税額控除(3年以内の贈与税額が引ける)
・未成年者控除(6万円×(20歳−相続開始時の年齢))
・障害者控除(6万円×(70歳−相続開始時の年齢))
・相次相続控除(10年以内に続けて相続があった場合に一定額)
・外国税額控除(外国で相続税に相当する税が課せられている場合に一定額)

こうみると税金を計算するのは難しくはない様に感じます。
やはり分割までがネックか。。。

試験まであと4日!ラストスパート〜!
posted by 駄目だめオヤジ at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | FP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。