2007年02月18日

賃金とは

2月は勉強するには厳しいです。
仕事のプレッシャーがすごく帰ってくるとまずご飯ではなく、
ボーとする時間が増えました。

ちなみにご飯の時間は夜中の12時とか1時です。。。
(会社に泊まりの時も夜中の12時〜1時が休み時間。。。)
1時間くらい勉強できても更新が出来ません。もうやだ〜(悲しい顔)

少しでも精神をリラックスさせようとモーツァルトを聴くようにしてみました。残り2週間はこれで何とか乗り切っていこうと思います。
fumofumo-sanさん(今日という日に気持ちを新たに!!)早速始めてみました。紹介ありがとうございます。


労働基準法の賃金とは、
11条にあり、
この法律で賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいう。

過去問にありますが、
以下の文は正しいかどうか。
「商法による新株予約権制度では、この制度から得られる利益は、それが発生する時期及び額共に労働者の判断に委ねられているが、労働の対象と考えられ、労働基準法第11条の賃金に該当する。」

正解は×でした。
労働者の判断に委ねられる為、労働の対象ではないからです。
(基発412号)

ここで基発?と思ったので調べたら、
基発・・・労働基準局長名で発する通達
とありました。

他にも以下のような略称がありました。
ここまで略されると勉強していない人には分からないですよね。
発基・・・通常次官通達の名称でよばれるもので、労働基準局関係の通達
基収・・・労働基準局長が疑義に答えて発する通達
婦発・・・婦人局長名で発する通達

2月中には労働基準法を終わらせるつもりが、未だに前半部分を読んでいるようでは合格はおぼつかない。。。
仕事だけでなくそんなプレッシャーを感じ始めた今日この頃でした。
何とかがんばるぞ〜。
posted by 駄目だめオヤジ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。