2007年03月31日

労働時間、休憩及び休日に関する規定の適用除外

3月が今日で終わりです。
これを書いているのもほんとぎりぎりの3月です。
今年度は仕事も忙しく資格試験の受験を決意しそれなりに頑張ってきましたがいまいち成果があがっていませんでした。
来年度は、社労士の試験をメインに頑張ります!


今日は、今まで見てきた労働時間、休憩及び休日に関する規定が適用されない条件についてです。

これは労働基準法41条に規定があり、
第41条
この章(4章労働時間、休憩、休日及び年次有給休暇)、第6章(年少者)及び第6章の2で定める労働時間、休憩及び休日に関する規定は、次の各号の一に該当する労働者については適用しない。
1.別表第1第6号(林業を除く。)又は第7号に掲げる事業に従事する者
2.事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者
3.監視又は断続的労働に従事する者で、使用者が行政官庁の許可を受けたもの

文中の別表第1第6号と7号は、
6号
土地の耕作若しくは開墾又は植物の裁植、栽培、採取若しくは伐採の事業その他農林の事業

7号
動物の飼育又は水産動植物の裁捕若しくは養殖の事業その他の畜産、養蚕又は水産事業

となっています。
自分を含めて管理に出来る人や管理に向かない業種が適用除外になっているのだな〜と理解しました。

まだまだ労働基準法は半ばなるべく毎日書くようにしないと!
posted by 駄目だめオヤジ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37418234

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。